楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

東京国際クルーズターミナルが9月10日に開業、大型船の寄港可能に

20/08/16

東京都は8月14日、新たなクルーズ客船ターミナル「東京国際クルーズターミナル」(江東区青海)を9月10日に開業すると発表した。コロナウイルス感染症拡大の影響で、7月14日の開業予定を延期していた。

東京国際クルーズターミナル

開業日は9-17時までターミナルを一般公開する。当日はクルーズ客船「にっぽん丸」が停泊する予定だが、当面、乗客を乗せたクルーズ船が寄港する予定はない。

東京都には晴海旅客ターミナル(中央区晴海)があるが、世界的なクルーズ旅行の人気により大型化したクルーズ客船が、レインボーブリッジ(最低桁下高52㍍)をくぐれずに利用できない状況になっている。

そのため都がレインボーブリッジの外側に新た建設したのが東京国際クルーズターミナル。岸壁の長さが430㍍、水深11・5㍍で世界最大級の大型クルーズ客船が接岸できる。

ターミナルビルは4階建てで、2階にCIQ施設(税関、出入国管理、検疫)が入る。

最寄りの駅は、ゆりかもめの東京国際クルーズターミナル駅(旧船の科学館駅)。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ