楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

京阪バスと南海りんかんバス、今年も「京都高野山線」を運行

20/08/20

京阪バスと南海りんかんバスは9月18日―11月30日、高速バス「京都高野山線」を運行する。昨年に続くもので、今年は予約制を導入。秋の世界遺産めぐりを快適に楽しんでもらう。

京都高野山線は期間中毎日2往復。京都発は京都駅八条口9時20分発と15時10分発、高野山発は奥の院9時20分発と16時発で、2時間40分で両地を結ぶ。高速京田辺と今年増設した大門南駐車場停留所を経由する。

高野山壇上伽藍

高野山・壇上伽藍へも便利に

運賃は京都駅八条口―大門南駐車場・奥の院前が大人片道2500円、同往復4500円。高速京田辺―大門南駐車場・奥の院前が同片道2200円、同往復3960円。

今年は予約制を導入。コンビニでの事前購入やウェブ予約が利用でき、事前の座席確保で旅の計画は立てやすくなった。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ