楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

郵船クルーズ、2025年に新造クルーズ客船 船名未定も「飛鳥Ⅲ」?

21/03/31

郵船クルーズ(坂本深社長)は3月31日、ドイツの造船会社MEYER WERFT(マイヤー ベルフト)と新客船(51,950トン)の造船契約を締結したと発表した。2025年中に完成予定で、船名を始め細部の仕様はまだ決まっていないが、かねてより噂されていた「飛鳥Ⅲ」とも言えるクルーズ客船だ。

新造客船は、全長228.9メートル、全幅29.8メートルで総トン数は5万1950トンと日本船籍最大のクルーズ船となる。総客室数は385室を予定し、すべての客室にバルコニーを設ける。乗客1人当たりのスペースは世界でもトップクラスの広さで、飛鳥Ⅱとほぼ同数の乗組員数を維持し、より乗客に寄り添ったサービスを提供、快適な船内空間を実現する。飛鳥IIでも人気の展望露天風呂も設置する。

新造客船

新造客船イメージ(2021年3月時点)

また、環境負荷軽減などが新造船の基本コンセプトの1つ。LNG(液化天然ガス)に対応することが大きな特徴で、寄港する各港湾事情に対応し多彩な航路を実現するため、LNG(液化天然ガス)に加えて低硫黄燃料、ガスオイル燃料の計3種類の燃料に対応したデュアル・フューエル・エンジンを搭載する。これは中型客船(5―10万トン)では初。また、錨を降ろすことなく、船の位置の制御を可能にするD.P.S(ダイナミック・ポジショニング・システム)を採用し、海底植物等の損傷の最小化に努めるなど、最新鋭設備を搭載した革新的なエコクルーズ船を目指す。

概要

新造客船の概要(2021年3月時点)

さらに感染症対策として、100%外気取り込み方式の換気システムを装備、高性能フィルターやイオン殺菌装置、タッチレス対応エレベーター等の設置を予定している。

今後、船内のデザインや仕様を確定させ、23年にマイヤー ベルフトのドックで造船の実作業に入り、25年に引き渡しを受ける予定。

同社では「これまで培ってきた和のおもてなしに最新のテクノロジーを加えた『飛鳥ラグジュアリー』を幅広い年齢層にご提供できると考えています」としている。

なお、新造客船を造船するマイヤー ベルフトは、ドイツのパペンブルクに所在する創業225年を超える老舗の造船会社。LNG燃料対応のクルーズ客船建造を含む客船建造の実績は51隻にのぼる。建造費用は、郵船クルーズの株主でもあるアンカー・シップ・パートナーズ株式会社の船舶投資ファンドで調達、多数の日本の地方銀行等が参画したオールジャパンでこの新しい客船の建造に当たる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ