楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JALグループ、21年度冬期国内線基本便数計画を発表 大阪伊丹からは那覇、熊本線を増便

21/08/25

日本航空(JAL)グループは、2021年度冬期(10月31日―22年3月26日)の国内線の基本便数計画を決定、8月24日に発表した。

高い快適性と環境性能を備えるエアバスA350―900型機を東京羽田―大阪伊丹線へ本格導入、毎日運航。ワンランク上のサービスを提供する「JALファーストクラス」大阪伊丹―沖縄那覇線、東京羽田―石垣線でも始める。

大阪伊丹発着の沖縄那覇線、熊本線を増便。年末年始、春休みに大阪関西―宮古線、名古屋中部からは石垣線と宮古線を運航する。

札幌丘珠発着では女満別線を増便。土日祝日・年末年始には奥尻線も運航する。鹿児島発着は週末と年末年始を中心に屋久島線、徳之島線、沖永良部線を増便する。

一方、大阪伊丹―松山、東京成田―大阪伊丹、札幌丘珠―三沢、函館―奥尻は減便する。

JAL

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから愛媛編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第2回は愛媛県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ