楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

小田急電鉄 2023年に本社移転し新宿、海老名の2拠点体制に

22/05/06

小田急電鉄(東京都新宿区)は本社を移転し2拠点体制に再構築する。4月28日に開いた取締役会で決議した。

現本社(小田急明治安田生命ビル)の土地建物保有分を明治安田生命保険に98億円(見込み)で譲渡し、2023年2月に海老名本社(神奈川県海老名市めぐみ町2-2 ViNA GARDENS OFFICE)、同年8月に新宿本社(東京都都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル)に移転する。現在の本店(東京都渋谷区代々木2-28 -12)は動かさない。

2拠点にすることで社員が多様な働き方を実現できるオフィス環境を整えるほか、沿線の地域価値創造を進める。

小田急線の中間に位置する海老名本社には交通サービス事業本部を置き、新宿本社には経営企画本部、まちづくり事業本部などを置く。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ