楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

フィンエアーが日本就航40周年、日本-欧州を最短で結ぶ

23/04/24

フィンエアーは日本就航40周年を迎え、4月21日、成田国際空港第2ターミナルで記念式典を開いた。フィンランドを代表する世界的人気キャラクター「ムーミン」もお祝いに駆けつけ、式典を盛り上げた。

垂れ幕を挟んで左に永原日本支社長とヤースケライネン大使

フィンエアーの永原範昭日本支社長は「40年前の4月23日、当社のDC10による初便がヘルシンキよりノンストップで日本に到着しました。現在は一時的にロシア迂回のルートを余儀なくされ時間を要していますが、それでも日本からヘルシンキへは欧州線最短の約12時間で結んでいます。ロシアのウクライナ侵攻が終結し、元の世界に戻ることを切に願っています」と話した。

また、タンヤ・ヤースケライネン駐日フィンランド共和国大使「この40年間、フィンエアーは日本と欧州諸国の交流を大いに促進してきました。フィンエアーはフィンランドと日本の架け橋となる非常に重要な存在であり続けることでしょう」と祝辞を述べた。

日本とフィンランドを結ぶ路線の初便は1983年4月22日にヘルシンキを出発し、翌23日に成田に到着、同24日に成田を出発。北極点上空を通過して日本-欧州間を12時間40分で結ぶ世界初のノンストップ直行便となった

2023年夏期スケジュールでは成田(週4便)、羽田(毎日)、関空(週3便)の合計週14便を運航している。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ