楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

サウナを常設、新ブランド「ドシー恵比寿」オープン ナインアワーズ/東京

18/02/02

東京や京都でカプセルホテルを展開するナインアワーズは、サウナを常設した新ブランド1号店「ドシー恵比寿(℃恵比寿)」を2017年12月16日に開業した。

立地はJRと東京メトロ恵比寿駅から徒歩1―2分。既存のカプセルホテルをリノベーションしたもので、カプセルはリユースし、男性用女性用サウナを2カ所新設した。サウナは、熱したサウナストーンに利用者がミント水をかけ蒸気浴ができるのが特徴。ロウリュと呼ばれるフィンランドサウナの入浴法の1つで、水蒸気により体感温度が上がり発汗作用が高まるという。男女ともサウナは一度に12人程度が利用できる。

クールダウンは水風呂ではなく、TOTOと共同で開発し、水流に包まれるような感触が特徴のシャワー「ウォームピラー」を採用した。ナインアワーズ「ウーマン神田」で導入したもので、好評だという。

ホテルブランドのドシーは、サウナを前面に温度へのこだわりを表現したもの。サウナだけでなく、ウォームピラーの水温を15度、20度、25度、30度、常温の5種類用意し、好みで利用してもらう。

ドシー恵比寿

ドシー恵比寿に設けたサウナ

カプセルは男女専用フロアに男性102室、女性60室。ロッカーに大型のスーツケースを置ける場所をつくるなど、海外からの長期旅行者へも配慮した。

料金は、サウナ利用は1時間1千円から、仮眠は1時間1500円から、宿泊は4900円から。

18年春にはJR五反田駅近くに「ドシー五反田」をオープンさせる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ