楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ブランド守りファンづくり 日本秘湯を守る会が総会

18/02/05

山間部の温泉宿を主な会員とする日本秘湯を守る会(170会員、星雅彦会長=新潟県栃尾又温泉・自在館)は2017年12月20日、熱海市・大観荘で2017年度総会を開き、事業報告や18年度事業計画を承認した。

同会は朝日旅行(JTBグループ)の前身である朝日旅行会の協定旅館の1グループとして75年に発足。一般社団法人格を取得することで、独立性を保ちながら活動し、「旅人の心に添う 秘湯は人なり」とする会の理念の継承にも努めている。主な集客手段であるスタンプ帳事業は、会員宿に3年間で10泊すると無料で1泊宿泊できる特典が特徴で、長年にわたり秘湯の宿のファンづくりに貢献、17年度は約1万2千人を招待した。今期から、これまで平日に限っていた無料宿泊招待日を土曜日や休前日にも拡大している。

17年度にはるるぶトラベルと業務提携し、同会の公式ウェブサイトに掲載している宿泊プランがるるぶトラベルでも予約できるようになった。

星会長はこうした事業を振り返りながら、「節目となる事業を開始することができた」と話し、「先達が支えてきた秘湯を守る会というブランドのもとで、みんなで繁栄していきたい。今後も力を貸していただきたい」と要請した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!徳島編

復興へ前進を続ける四国の魅力を紹介する特集の第2弾は徳島県。多彩な魅力を一層全国に伝えるべく県...

旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ