楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

和紙用いモダンな空間に 道後・ホテル花ゆづきがリニューアル/愛媛

18/11/01

愛媛県道後温泉の「ホテル花ゆづき」が9月に全館リニューアルし28日、関係者を招きオープン式典を開いた。

リニューアルは愛媛県の伝統工芸・手漉き和紙とフランスに伝わる金箔技法のギルディングを組み合わせた「ギルディング和紙」をふんだんに用いた。ギルディング和紙を用いた9、10階の客室は4タイプ10室で、9階フロアとロビーにはギルディング和紙を展示、モダンな空間にした。

式典で大木正治社長は「当初2019年2月の完成を目指していたが、7月の集中豪雨で道後温泉の宿泊客が減ったことから工事を前倒しし、本日のオープンにこぎつけた」とし、工事や設備の関係者に謝辞を述べた。

19年12月には現在更地の本館跡地に、ホテル葛城Sparesort道後の新館として「琴の庭」(11室全室露天風呂・テラス付き)を建設すると発表。一帯は、道後温泉本館から続く賑わいの場にする考えも示した。

ホテル花ゆづき

オープン式典であいさつする大木社長

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ