楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

こんぴら歌舞伎で地域文化を創生 琴平グランドホテル近兼会長、文化庁長官表彰を受賞(2)

19/05/29

近兼会長はこのほど自身の半生をまとめた回顧録「夢の実現に向かってこんぴらさんと共に歩んだ旅館人生―四国こんぴら歌舞伎大芝居35周年に思う」を出版。四国こんぴら歌舞伎大芝居への思いや歌舞伎役者との思い出などに多くのページが割かれている。

旅館業における半生については、高校卒業後に両親が経営していた仕出し屋を引き継ぎ「常にこんぴらさんのお膝元での旅館営業を」との思いでがむしゃらに仕事をしてきた結果、61年に念願だった旅館業を開業。現在の「桜の抄」や「紅梅亭」など複数の旅館を経営するに至ったいきさつを記した。琴平町観光協会長として温泉まつりなどのイベントに積極的に取り組んだ体験も事細かに書かれている。

旅館業界の活動については日本観光旅館連盟と国際観光旅館連盟との合併で現在の日本旅館協会が設立された経緯にも言及しており、読み応えがある。

このほかにも歌舞伎役者や観光・旅行業界のトップ、政治家など幅広い交友41人から近兼会長への思いを寄せた文章が掲載されている。

4月3日には紅梅亭で出版記念祝賀会(発起人代表=琴陵容世・金刀比羅宮宮司)が開かれた。琴陵宮司や香川県の浜田恵造知事、JR四国の半井真司社長、四国運輸局の大谷雅実局長らが駆けつけ、出版を祝った。

あいさつに立った浜田知事は「こんぴら歌舞伎大芝居は讃岐の春を彩る風物詩として定着した。地域のにぎわい創出に尽力された近兼会長に敬意を表したい」と話し、これを受けて近兼会長は「歌舞伎の35年の歴史の中で様々なエピソードがあるが、何よりも今日皆さまをお迎えできたことが何よりも幸せだ。これからもご指導いただきたい」と話していた。

近兼会長出版記念祝賀会

出版祝賀会で鏡開き

(前の記事)こんぴら歌舞伎で地域文化を創生 琴平グランドホテル近兼会長、文化庁長官表彰を受賞(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ