楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

星野リゾート、「OMO7大阪新今宮」を発表(1) 22年4月開業目指し起工

19/06/18

星野リゾート(星野佳路社長)が大阪市浪速区のJR新今宮駅前に計画していたホテル名を「星野リゾートOMO7(おもせぶん)大阪新今宮」とし、6月1日に着工した。5月28日に大阪市内で開いた記者会見で星野社長が明らかにし、建設現場で起工式も行った。開業は2022年4月を予定している。

星野社長は記者会見でOMO7大阪新今宮のコンセプトを次のように話した。「都市観光にしっかりとサービスを展開する。ビジネス客はターゲットから外し、都市観光客が旅のテンションを上げるホテルにしたい」と強調した。

また「都市観光客の多くがビジネスホテルに泊まっているが、都市をリゾートと見立てている。大阪環状線に乗っている人、新今宮駅のホームに立っている人が降りてみたい、行ってみたいと思ってもらえるウェルカムなメッセージを発信するデザインにしたい」。

OMO7大阪新今宮は敷地面積1万3900平方メートル。14階建てで「バリエーションに富んだ」(星野社長)客室436室を備え、広大な敷地を生かしガーデンを整備する。「庭の見せ方にこだわりたい。四季を通じて演出していく」という。

星野リゾートOMO7大阪新今宮

星野リゾートOMO7大阪新今宮のイメージパース

(次の記事)星野リゾート、「OMO7大阪新今宮」を発表(2) 「都市観光のテンション上げる」

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ