楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ禍でもスノーシーズンを楽しみたい スキー場に関する意識調査、6割が「行きたい」

観光地へ人材サービスを提供するヒューマニックは、コロナ禍でのスキー場に関する意識調査を行い、このほど結果を発表した。これから本格的にシーズンを迎えるスキーだが、今期のスキー場への訪問は6割が意欲を示すなど、コロナ禍にあっても待ちに待ったシーズン到来への期待は高いようだ。

今シーズンにスキー場へ行こうと考えている人は、「状況に関わらず」26%、「現状程度であれば」35%と、あわせて61%が意欲を持つ。「スキー場の対策状況によっては」8%、「コロナが落ち着いたら」10%もあり、例年スキー場に行っていない回答者も含まれていることを考えると、コロナ禍に関わらず、まずまず意欲は高いといえるだろう。

やっぱり行きたいスキー場(イメージ)

「スキー場の感染対策で気になる場所」は、レストランが7割弱、レストハウスが6割、ゴンドラが5割強と、やはり「密」が生まれそうな場所が高い。若干の差はあるものの、スキー場に行く習慣の有無に関わらず同様の傾向だが、あまり習慣がない人はトイレ、よく行く人がゴンドラが高い傾向だった。

調査は10月15―28日にインターネットで行われた。回答数は1851。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ