楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

じゃらん、楽天2強続きHIS躍進 日観振、19年観光系サイトを分析

20/03/28

日本観光振興協会は2019年の観光関連ウェブサイトの年間閲覧者数を調査、結果をランキング形式で発表した。じゃらんnet、楽天トラベルの2強体制が続き、スマートフォン利用でエイチ・アイ・エスの躍進が目立った。

調査はネット行動分析を行うヴァリューズと共同で実施。同社のサービスを使用し、閲覧者数はPC・スマートフォンからのアクセス集計などを基に、国内のネット人口に則して 20 歳以上の動向を推測し算出した。

旅行会社やネットエージェント、旅行情報など「旅行・交通」分野では、PCからはじゃらんnetが閲覧者数3070万人でトップ。2位は楽天トラベルで宿泊予約サイトが2強を形成する構図は3年間変わらない。3位は口コミ・価格比較のトリップアドバイザー、4位はJR東日本、5位は全日本空輸と交通系が続く。スマートフォンの上位はPCの3位と4位が入れ替わるだけでほぼ同様。

PC利用が各サイト軒並み横ばい、低下となり、スマートフォン利用の拡大が続くなかで、スマートフォンでは7位のエイチ・アイ・エスの対前年比19・9%増、11 位のdトラベルの同10・9%増など、15位のJR東日本ポイントサイトJRE POINTの同32・0%増が目立った。

「都道府県公式観光情報」分野は、PCが上から大阪府「OSAKA―INFO」、沖縄県「おきなわ物語」、東京都「GO TOKYO」の順。大阪、沖縄は2ケタの伸び。スマートフォンでは1位三重県「観光みえ」、3位茨城県「観光いばらき」。

検索キーワード分析では、「東京」「京都」などの地域名、「モデルコース」「観光スポット」「おすすめ」などに加え、「冬」「雨」「穴場」などが上位に。状況に応じた旅を模索する旅行者ニーズがみてとれる結果になった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ