楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

単価アップで4500億円達成へ JTB旅ホ連、19年度総会で決起

19/07/01

JTB協定旅館ホテル連盟(大西雅之副会長=北海道阿寒湖畔・あかん遊久の里鶴雅、3768会員)は6月12日、東京・新宿の京王プラザホテルで2019年度総会を開いた。

JTBでは18年度の宿泊販売目標を4350億円に設定したものの、4150億円と届かなかった。それでも19年度の宿泊販売目標はさらに大きい4500億円に設定している。会員数は前年度より50軒減った。

JTB旅ホ連では目標達成に向け、(1)お客様紹介運動の強化(2)オフ期の戦略的な需要喚起策の投入(3)るるぶトラベル販売の旅ホ連会員施設への優遇施策投入(4)旅ホ連会員施設に特化したジャパニカン増売施策の実施−などに取り組む。

懇親会で田川博己JTB会長は「価値ある旅行商品なのに、お金にならないのが現状だ。JTBならではの価値と同時に、お金を取れる価値を考えるのが大事だろう。4500億円達成には、泊数を伸ばし単価の高い商品を売ることが必要になってくる。よい企画づくりで、旅ホ連の皆さんの協力をいただきたい」と要請した。

JTB協定旅館ホテル連盟

京王プラザホテルで開かれた総会

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ