楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

子どもたちが「バスのお仕事体験」 大阪・商都交通がツアー開き貸切バスの魅力発信(2)

貸切バスの魅力伝える

子どもたちは、大阪市生野区にある同社車庫に到着。グループに分かれて、同社の運転士やガイドらスタッフに引率されて、運転士の帽子をかぶって運転席に座ったり、非常口から降車する交通安全学習を行った。バスガイドの発声練習を一緒にやる姿も見られた。

商都交通

帽子をかぶって運転席で
運転士を体験する児童

商都交通

整備士からエンジンルームの
説明を受ける

商都交通の三野専務は「子どもたちが楽しそうに体験してくれて良かった。我々にとっても貴重な体験。バス乗務員の確保が難しくなっている中で、次の世代の子どもたちに知ってもらういい機会になりました。バスに対していいイメージを持ってもらうと将来お客さんにもなるし、我々の仲間にもなってくれるかもしれませんね」。

また、ツアーをアテンドした旅行会社メディカルトランスポートの松嶋哲史さんは「彼らは18歳になると施設から出なければなりません。就職先としてもバスガイドやバス乗務員を身近に感じてもらえれば」と話す。

このあと、子どもたちはバスガイドの案内で大阪市内を走り、伊丹空港(大阪国際空港)で大型旅客機が離着陸する様子を間近で見学した。

三野専務は、事前に施設を訪問し子どもたちと触れ合ったり、コースの下見を繰り返したスタッフの労をねぎらい「大きな事故でイメージダウンの貸切観光バスを盛り返すためにも、継続して子どもたちが体験する場を提供したいですね」と話していた。

(前の記事)子どもたちが「バスのお仕事体験」 大阪・商都交通がツアー開き貸切バスの魅力発信(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ