楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

パレスホテル東京 上期ADR初の6万円台に

19/07/29

パレスホテル東京は先ごろ、2019年上半期のADR(平均客室単価)が61726円と、初めて6万円台を超えたと発表した。3月以降、高単価のスイートルームの利用が高まったことがADRを押し上げた。

同ホテルの年間のADRは14年に4万円、17年に5万円を超えている。

皇居に面して立つパレスホテル東京

国別で上期に宿泊者数が多かったのは米国、中国、フランス、イギリス、香港の順。10連休となったGWは、連日90%以上の客室稼働で、売り上げも対前年同期で4・5%増と好調に推移した。

渡部勝総支配人は下期について、「9月のラグビーワールドカップ、10月の即位の礼と、国をあげたビッグイベントが続くことから、ホテルのプレゼンスをしっかりあげていきたい」とコメントしている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ