楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ヒルトン 客室に生分解性ペットボトルウォーター

19/08/14

ヒルトンは環境に配慮した取り組みの一環として、8月1日から、国内のホテル12軒の全客室5456室に、生分解性ペットボトル「アースグループウォーター」の導入を開始した。8月末までに全客室のペットボトル水を入れ替える。

アースグループウォーター

 

アースグループウォーターは、カナダのジ・アースグループが販売する、国連世界食糧計画公認のペットボトル飲料水。ペットボトルは、100%リサイクル可能で10年以内に自然に分解される生分解性プラスチックボトルで作られている。

ジ・アースグループでは製品を1本販売するごとに、1・5本の海洋プラスチックごみを撤去する活動を行っているという。

ホテル12軒はヒルトン東京、ヒルトン東京ベイ、ヒルトン小田原リゾート&スパ、ヒルトンニセコビレッジ、ヒルトン大阪、ヒルトン福岡シーホーク、ヒルトン沖縄北谷リゾート、ダブルツリーbyヒルトン那覇、ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城、ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート、コンラッド東京、コンラッド大阪。

2018年8月からガラス瓶の利用に切り替えているヒルトン名古屋を除いたホテルに導入する。

昨年から紙ストローを採用、アメニティの見直しも

このほかヒルトンでは環境負荷の低減策として、日本と韓国のホテルでは、プラスチックストローから紙ストローへ切り替え、宴会場ではペットボトルのミネラルウォーターの提供を廃止している。

また、一部のホテルではシャンプーなど客室内のアメニティを、使い捨ての小型プラスチック容器から、ディスペンサーに変える試みや、ランドリーバッグの布製化、スリッパのビニール包装をペーパーバンドで変えるといった取り組みを始めている。

備え付け型のディスペンサー

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ