楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「THE MAIN」がリニューアル 鈴鹿サーキットホテル、19年2月に改装開業

19/09/06

鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)は2020年2月28日、「鈴鹿サーキットホテル」の本館である「MAIN館」を「THE MAIN」として改装開業する。コンセプトは、「名レーサーたちが過ごしたひとときを感じられる空間」。鈴鹿サーキットの世界観を提供する。

プレミアムツイン

鈴鹿の世界観を出し、世代別に過ごしやすい3種類の客室を用意

鈴鹿サーキットホテルは、 1964年にスポーツホテルとして開業して以来、 鈴鹿サーキットでレースを戦ってきたレーサーたちの安らぎの場として、 数多くのレーサーが宿泊してきた。過去の名場面をモチーフにしたレリーフや、 モータースポーツをイメージさせる室内装飾など、 鈴鹿サーキットならではの世界観を共通のコンセプトとしながら、 世代別に過ごしやすい設備を整えた3種類の客室を用意する。

1F:Premium Twin(プレミアム ツイン)

子ども連れの家族が安心して利用できる客室。 家族で一緒に添い寝できるハリウッドツインベッドで、 鈴鹿サーキットで過ごした時間を語り合える。

■客室数:20室
■部屋の広さ ツインルーム 32m²
■ベッド数:4台(ベッド2台 エキストラベッド2台)
■最大定員:大人4名+添い寝幼児(0歳~未就学児)2名
■販売価格:18,800円~46,100円/室 (消費税込み)※1室2名利用の場合のルームチャージ料金

2F:Executive Twin(エグゼクティブ ツイン)

「THE MAIN」の中で最上級に位置づけられた客室。 「エグゼクティブツイン」だけのサービスやアメニティで快適に滞在できる。

エグゼクティブツイン

■客室数:20室
■部屋の広さ ツインルーム 32m²
■ベッド数:3台(ベッド2台 エキストラベッド1台)
■最大定員:大人3名+添い寝幼児(0歳~未就学児)2名
■販売価格:22,900円~51,300円/室 (消費税込み)※1室2名利用の場合のルームチャージ料金

3F:Grand Maisonette(グランド メゾネット)

4つのベッドが常設された2階建ての広々とした空間で、 3世代の家族や海外からのゲストにもゆったりと寛げる。

グランドメゾネット

■客室数:20室
■部屋の広さ メゾネットルーム 47m²
■ベッド数:6台(ベッド4台、 エキストラベッド2台)
■最大人数:大人6名+添い寝幼児(0歳~未就学児)4名
■販売価格:35,500円~81,800円/室 (消費税込み)※1室4名利用の場合のルームチャージ料金

予約開始日

2019年10月18日(金)9:00~
鈴鹿サーキットホテルオンライン予約ページにて、 「THE MAIN」先行予約受付開始

鈴鹿サーキットホテルHP:https://www.suzukacircuit.jp/hotel/stay/main.html

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ