楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

足下を掘り泉を探そう

19/08/26

先日、知人が800人ほどの食事ができるドライブインで勤務するようになったというので立ち寄った。抜群の立地ではあるとはいえ、大きな収容規模の施設の集客はさぞかし大変だろうというような話をしたところ、大人数で一堂に食事を取れる施設が減っているため、まずまずの利用客があるのだそうだ。

彼自ら着任後に調べてみると、団体対応とはいえ食事の原価が高く、内容もいいのだという。土産物もその地域でしか手に入らないような良質な商品がそろっており、地酒も通常では手に入りにくいものまで並べてあるらしい。庭を見ながら食事ができる個室も持っていて、個人・グループ客にも十分な対応が可能だ。料金も高くない。

ところが…。高原価の食材に、他施設ではマネのできないこだわりの物産品をそろえ、庭園を備えた個室での食事処があるといったアピールができていない。知る人ぞ知るといった存在だとため息を漏らす。旅行会社にもきちんと伝わっていない。

「なんともったいない」と思うが、それでも黒字経営というから、情報をきちんと発信できればどうなるのだろう、と思う。「私がよそ者として勤務したからわかったこと」と知人が言うように、自施設の何が儲けにつながるのか、足下を掘り、泉を見つけることをお勧めしたい。

(トラベルニュースat 19年8月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ