楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「インターコンチネンタル沖縄美らSUNリゾート」 2023年に沖縄3軒目として開業

19/09/11

インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG(R))とCHIA HSIN CEMENT CORPORATION GROUP (CHC Ryukyu 〈嘉新琉球〉)は9月11日、運営受託契約を締結し、「インターコンチネンタル沖縄美らSUNリゾート」(英語名:InterContinental Okinawa Chura SUN Resort)を2023年に開業予定であることを発表した。

インターコンチネンタル沖縄美らSUNリゾート外観イメージ

美らSUNビーチ周辺は人工ビーチとして開発中

世界に誇る、 息をのむような青い海がどこまでも続く豊かな自然、 そしてその歴史や根付いた文化で、 国内外から人気の集まる沖縄県は、 昨年、 入域観光客数、 約1,000万人という過去最高の数字を記録。「インターコンチネンタル沖縄美らSUNリゾート」が位置する、 美らSUNビーチ周辺は、 空港から一番近い白砂の人工ビーチとして知られており、 整備の行き届いた大変アクセスの良いロケーションだ。 今後ショッピングやレストラン、 エンターテインメントの複合総合施設の開発も予定されており、 ますます注目が置かれているエリア。

建築家の隈研吾氏の事務所らがデザイン監修

リゾートの建築デザインは、 隈研吾建築都市設計事務所とHabitech Architectsの共同企業体が手掛ける。 リゾートは、 ホテル棟とヴィラウィングの2つの棟から構成されており、 開放感溢れる空間に、 インターコンチネンタルのモダンラグジュアリーを掛け合わせ、 洗練された真のラグジュアリーリゾートを作り出す。

客室は373室。充実した施設群

客室は全373室。 その他リゾート内には、 4つのレストランやバー、 宴会場やミーティング施設、 温泉大浴場、 リクリエーションセンター、 インドア・アウトドアプールにフィットネス、 チャペルなどの設備を完備し、 一人ひとりに合わせた様々なリクエストに対応する。

「 長年多くの方々に親しまれ続けているANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートとANAインターコンチネンタル石垣リゾートに続き、 沖縄県内3軒目のインターコンチネンタルとして、 『インターコンチネンタル沖縄美らSUNリゾート』を開業できることは大変喜ばしいことであり、 すでに認知度の高いインターコンチネンタルブランドは、 日本国内でも次なるステージへと進んでいく。 国内外から沖縄に集まる多くのトラベラーに、 個性豊かな沖縄の3リゾートでそこにしかないインターコンチネンタルライフをお届けしていく」と関係者。

IHGグローバルサイト: http://www.ihg.com
IHG・ANA・ホテルズグループジャパンのウェブサイト: http://www.anaihghotels.co.jp
IHGグループサイト: http://www.ihgplc.com

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ