楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

アリストンホテル大分(仮称)、JR大分駅前に利便性高め2021年春頃に再開業

19/09/30

アリストンホテルズアンドアソシエーツは9月30日、 2019年3月に営業を終了した旧アリストンホテル大分(住所:大分県大分市都町2-1-7)を、 場所を駅前に移し、 より利便性を高め、 再びオープンすることを決定したと発表した。 再オープンするホテルの住所は、 大分県大分市金池町2-6-4。運営していたアリストンホテル大分で培ったホテルの運営実績・経営ノウハウを生かし、 より一層利用者のニーズをくみとったホテルとして改めて開業する。

アリストンホテル大分(仮称)イメージ

再オープンするホテルの開業は、 2021年春頃を予定しており、 アリストンホテルズグループ5棟目(九州では3棟目)のホテルとなる。同ホテルは、 JR大分駅府内中央口徒歩3分、 長距離バス乗り場にも近く、 観光・ビジネスの拠点として抜群のアクセスだ。

「 質の高いおもてなしで皆さまに深い満足感を味わっていただけるホテルを運営するとともに、 地域コミュニティに密着し、 地域経済の発展に貢献できるホテル展開を推進している。 今後もより多くの人を迎るべく、 新規ホテルの積極展開を検討していく」と同社

アリストンホテルズアンドアソシエーツについて

公式ホームページ http://www.aristonhotels.co.jp/

Twitter  https://twitter.com/aristonhotels
Instagram https://www.instagram.com/aristonhotels_official/
Blog  https://aristonhotels.hatenablog.com/

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ