楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

星野リゾート 2020年3月に土浦駅ビルにサイクリストホテル

19/09/30

星野リゾートは2020年3月19日、JR土浦駅の駅ビル、プレイアトレ土浦に自転車と一緒に泊まれるサイクリングホテル、「星野リゾートBEB5(ベブファイブ)土浦」を開業する。

茨城県の宿泊施設立地促進事業の1号店としてオープンするもので、9月30日に東京ステーションホテルで開いた会見には、星野リゾートの星野佳路社長のほか、茨城県の大井川和彦知事、アトレの一ノ瀬俊郎社長の3者がサイクルジャージで登場し、ホテルへの期待を述べた。

左から星野さん、一ノ瀬さん、大井川さん

茨城県では、自転車観光による地域振興を目的に、全長180キロのサイクリング道「つくば霞ケ浦りんりんロード」を整備。これに合わせ、つくば道と霞ケ浦周回道路の接点に当たるJR土浦駅の駅ビル、プレイアトレ土浦では、県とも協力しながら、2018年に一部をリニューアルし、自転車の販売や、自転車のレンタル、自転車乗りへのサービスとしてロッカーやシャワー施設を整備した。

さらに宿泊施設を誘致することで、日本最大級のサイクリングリゾートとして、茨城県のサイクルツーリズムの拠点を目指す。

星野社長は、「ホテルの合言葉は『ハマる輪泊』です。自転車に乗ったままのチャックインやチェックアウト、愛車と泊まれるサイクルルームもあります。BEB5の特徴でもある、24時間オープンのパブリックスペースTAMARIBAもあり、自転車好きじゃない人もハマる仕掛けをしていきます」とホテルを紹介。

客室数は90室で、平均26平方メートル。年間を通じて客室料金は均一で、「35歳以下エコひいきプラン」は、宿泊者全員が35歳以下で、1室12000円の客室を3人で利用すると1人4000円で宿泊できる。

BEB5は、星野リゾートの5つあるブランドの1つで、「居酒屋以上、旅未満 仲間とルーズに過ごすホテル」をコンセプトとする、主に20-35歳の若者をメインターゲットにするホテル。

アトレの一ノ瀬社長は、「地域固有の資源である、日本最長のつくば霞ケ浦りんりんロードの玄関口として、サイクリストのニーズ満たしたい。土浦がサイクリングのメッカになるよう、応援してほしい」とメディアに呼びかけた。

また、大井川茨城県知事は、「宿泊施設立地促進事業の対象となる、フラッグシップホテルを探してきました。アトレと星野リゾートとの協働に期待したい」と話した。

 

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ