楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

“東京オリ・パラ”の年、訪日客受入へ意気込む 東京都ホテル旅館組合が新年懇親会

20/02/13

東京都ホテル旅館生活衛生同業組合(815軒、齊藤源久理事長=ホテルニューショーヘイ)は1月27日、東京・浅草の浅草ビューホテルで新年懇親会を開催した。組合員133人のほか、来賓として小池百合子東京都知事や国会議員、都議会議員ら、総勢221人が出席した。

開会のあいさつで工藤哲夫理事長代行(中央区・ホテルかずさや)は「いよいよ2020東京オリンピック・パラリンピックの年となりました。皆さんと一緒に訪日されるゲストを暖かくお迎えし、東京の魅力を十分に伝えたい。大会の大成功に向け力を合わせていきたい」と意気込みを示した。

続いて、主催者を代表してあいさつした齊藤理事長は、まず昨年の台風で被災した組合員にお見舞いの言葉を述べた上で「観光にとって、国際関係がうまくいき、地球規模で気候が安定していることが重要だと再認識しています」と話した。

また、オリンピックについては「日本の魅力を発信する絶好の機会です。今、日本のインバウンドは、飛行機で6時間圏の東アジアに頼っていますが、これを8−9時間圏に広げることでインドも入ってきます。日韓問題や新型コロナウイルスの影響で、今年、政府の目標の訪日旅行者4千万人に達しなくても、将来的には4千万人も6千万人も可能になると思います」などと前を向いた。

齊藤理事長

齊藤理事長

来賓からは小池知事が「いよいよオリンピック本番の年です。都庁のカウントダウンボードは今日、開催まで179日を指していました。皆さまには盛会に向けての協力をお願いします」と呼びかけたほか、宿泊施設のバリアフリーについての都の支援制度を紹介しながら「皆さまの取り組みで、パラリンピック開催がホテル旅館のハード、ソフト面のレガシーにしてほしい」と期待を込めた。

小池知事

小池知事

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ