楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

東京都 宿泊施設向け通話通訳サービスに6カ国語追加

20/04/06

東京都は4月1日から、宿泊施設向けの多言語コールセンターの対応言語に6カ国語を追加した。

追加したのはドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、ベトナム語、インドネシア語で、対応時間帯は9-18時。英語、中国語、タイ語、フランス語については従来通り24時間対応する。

コールセンター事業では電話を使った通訳サービスとメールによる翻訳サービスを実施している。通訳サービスでは、宿泊施設スタッフ、外国人ゲスト、コールセンタースタッフの3者通話により、その場で意思疎通が図れる。

サービス利用は無料で、通話料は施設が負担する。

新規利用希望者は、東京都産業労働局のウェブサイトから利用申し込み書をダウンロードし、記入の上、5月10日までに多言語コールセンター事務局までメール等で申し込む。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ