楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ:山形県が県民県内宿泊応援プラン 半額の5千円を補助

20/05/03

コロナウイルス感染防止対策や緊急経済対策として、山形県が4月30日に可決した313億円の補正予算に、「県民県内泊まって応援キャンペーン」と、「県民県内お出かけキャンペーン」事業費3億6千万円が計上された。

ただ、外出や県内の移動を促すことになるため、キャンペーンの対象期間や発売時期は、コロナウイルス感染症の状況を見ながら今後、慎重に判断する。

山形県民を対象に、1万円分の宿泊クーポンと、2000円分の観光施設利用クーポンをそれぞれ半額で販売する。山形県が半額分の5000円、1000円を負担する。それぞれ5万枚を販売する。

雇用や食材等の仕入れなどで、地域経済への影響が大きい旅館ホテルを支援することで、県内経済と生活の復興につなげる狙いがある。

宿泊応援、お出かけ応援プランとも、利用者が旅館やホテル、観光施設に直接予約する個人申込型に3万枚のほか、県内の観光産業を支援するため、旅行会社による商品造成分に2万枚を用意する。

事業費は、山形県が山形県観光物産協会に補助金として拠出する形で行う。事業の詳しいスキームについては、今後詰めることにしているが、クーポン発売後は、旅館ホテルや観光施設、旅行会社に「将来の旅行の前払い金」として、すみやかに現金が入金する仕組みを構築する。

キャンペーンの予算が計上されたことについて、山形県旅館ホテル生活衛生同業組合の佐藤信幸理事長は、「県内の旅館ホテルが、感染防止対策をしっかり行い、県民の安全な受け入れでキャンペーン実施に応えたい。予約が入り、宿泊の前売りという形で収入を得られることは、事業継続にとって、とても大きな励みになります」と話す。

また、旅館組合の全国組織である全旅連(全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会)の元会長を務めた立場から、「外出や旅行の解禁は、まずは県単位というのが現実的だと思います。国のGo Toキャンペーンの前に、他の県でも同様のキャンペーンを実施してほしいと思います」と提案している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ