楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

東京のホテルから:有事に組合活動の大切さを再認識

20/09/23

昨年末より発生したコロナの影響で、年始以降少しずつ影響が出始めているなという印象でしたが、3月末の外出自粛要請以降、急激に売上が落ち込み、シフト調整、料金体系、感染防止措置等、休業も含めた当面の営業体制を検討しながら今に至ります。

池袋を周回する電気バス「IKEBUS(イケバス)」

ある程度、状況が分かってきた今現在、この状況は当面続くだろうと想定し銀行とも話し合った上で、ホテルの事業計画を現状に合わせて組み直さなければならないと考えております。

具体的には、現状に合わせた最善の時間制・料金体系を作り、売上予測を立て、それに対してのシフトを調整し、当面の現状に備えていく形です。特に、すでに問題になっておりますが、雇用調整助成金が終了する際にはさらなる失業者が増え、リーマンショック時の「派遣切り」といった雇用問題が発生した以上に、大きな労務トラブルの風が吹くと思いますので、今のうちにそれらに備えた従業員契約を進めたいと考えております。

こういった有事の際に、平時以上に今置かれている状況や、これからの予測といった情報、国への働きかけが大事になると考え、そういったためにも組合、また同業協会との情報共有が極めて大切だと感じました。

この時期をまずは私自身が元気で前向きに過ごし、貧すれば鈍するではなく怪我の功名となるよう、今、2011年の東日本大震災の年を思い出すのと同様に、2020年を思い返せるような過ごし方をしたいと考えております。

(渋谷・池袋のホテル経営者)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ