楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宿泊者数は35・2%減、この時点では日本人客回復進む 10月の宿泊旅行統計

21/01/06

観光庁がまとめた10月の宿泊旅行統計調査結果(第2次速報)によると、延べ宿泊者数は前年同月比35・2%減の3241万人泊だった。現在は全国で停止されているが、この時点ではGo Toトラベル効果で日本人客が戻り、需要は回復傾向だった。

日本人宿泊者数は前年同月比19・2%減の3215万人泊で、減少幅は抑えられてきた。外国人宿泊者数は同97・4%減の27万人泊と、ほぼ前月並みが続いている。

客室稼働率は同20・8ポイント減の42・8%。旅館が同3・0ポイント減の36・5%、リゾートホテルは同12・8ポイント減の45・0%、ビジネスホテルは同26・3ポイント減の51・0%、シティホテルは同36・3ポイント減の44・3%、簡易宿所は17・3ポイント減の15・4%。依然として前年割れが続くものの、軒並み減少幅は縮小している。客室稼働率が80%を超えた都道府県はなかった。全体の全国最高値は山口県の62・2%。

11月の延べ宿泊者数(第1次速報)は同30・2%減の3466万人泊。日本人宿泊者数が同15・7%減の3421万人泊、外国人宿泊者数が同95・1%減の44万人泊だった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ