楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

南紀白浜マリオットがパンダルーム宿泊プラン、アドベンチャーワールド入園券も

21/03/15

南紀白浜マリオットホテル(和歌山県白浜町)は3月12日、壁や畳にジャイアントパンダのイラストが描かれた客室に滞在する「Happy Panda Room Stay」プランを発売した。

客室のイメージ

同町で国内最多7頭のジャイアントパンダを飼育するアドベンチャーワールドの入園券をセットしている。同施設では昨年11月に赤ちゃんパンダが誕生していて、一般公開が12日から始まった。ホテルからアドベンチャーワールドまでは車で7分ほど。

パンダ仕様の客室は和洋室海側ツイン42平方メートルの2室。「夢の中でジャイアントパンダファミリーに会おう」をコンセプトに、壁やベッドスロー、和室の畳まで、アドベンチャーワールドオリジナルのパンダデザインが施されている。

食事にはパンダバーガーやパンダスムージーをセットにしたマリオット・パンダバーガーセットが含まれる。

宿泊プランは2人1室利用で1泊2食付き大人2万7765円、子ども2万2000円から。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ