楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

都ホテル旅館組合 2021年度上期も組合費免除へ、コロナ対応で

21/03/29

東京都ホテル旅館生活衛生同業組合(823会員、工藤哲夫理事長)は3月22日に開いた理事会で、2021年度上期(2021年4―9月)の組合費を徴収しないことを決めた。5月の総会で承認を求める。

コロナウイルス感染症の影響で、この1年間に加盟ホテルの40軒程度が廃業するなど、東京の宿泊産業は経済的に大きな打撃を受けている。

同組合ではコロナ対応として、すでに2020年度の組合費を全額免除している。年間組合費の合計は例年3600万円程度となっている。

工藤理事長は「2021年度の組合費は前半の期は徴収しないことを決めました。オリンピック後の後半には組合費を徴収することを予定していますが、コロナ禍で状況が好転しない場合は、再度、徴収の可否について検討します」と説明した。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ