楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「宿泊事業者としてできること」 東京都ホテル旅館組合が総代会、五輪に向け工藤理事長が表明

21/07/14

東京都ホテル旅館生活衛生同業組合(819軒、工藤哲夫理事長=日本橋・ホテルかずさや)は6月22日、東京・大塚のホテルベルクラシック東京で2021年度総代会を開き、(1)2020年度事業報告と決算(2)2021年度事業計画と予算−を審議、承認した。

20年度はコロナウイルス感染症の拡大で、特に東京都では2度の緊急事態宣言発出やGo Toトラベルからの除外、東京都の観光需要喚起策「もっと東京」(都民割り事業)の開始と中断、東京が旅行目的地として危惧される状況など、年間を通じて厳しく振り回される状況が続いた。

そのため組合では、組合員の事業継続を第一に、国や東京都に対し金融支援や雇用維持のための迅速な施策の発動や税の減免の要請を、年間を通じて行ってきた。

また、延期された東京2020オリンピックについても宿泊受入についての情報不足に翻弄された1年だった。

工藤理事長は「オリンピック開催については議論がありますが、東京オリンピックが5年後、10年後に大成功だったと言ってもらえる大会に向けて、宿泊事業者としてできることをやりたい。都内では約350施設がオリンピック招致委員会と客室提供の契約をしています。安心安全にゲストを迎えられるよう、東京都と交渉しワクチン接種の優先枠をお願いしました。東京オリンピックに備えていきましょう」と呼びかけた。

東京都ホテル旅館生活衛生同業組合

今年度の会費について説明する工藤理事長

21年度は(1)組合加入の促進(2)支部及びブロック会の充実(3)各諸官庁・国会及び都議会との連絡協調(4)ウイズコロナ・アフターコロナの誘客策推進(5)政策立案・対応能力の強化−などを重点事業に取り組む。

会費については全額を免除した20年度同様に、21年度についても上期の会費を免除することにしている。

工藤理事長は「今の状況が続けば下期も会費は免除とし、景気変われば徴収を再開したい」と理解を求めた。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから香川編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第3回は香川県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから愛媛編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第2回は愛媛県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ