楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

東京都 宿泊型テレワークの受け入れホテルを募集

22/01/21

オミクロン株による感染急拡大を受け、東京都はテレワーク推進を強化するため宿泊型テレワークを受け入れる旅館ホテル、簡易宿所の募集を開始した。募集期間は1月26日正午まで。

事業期間は2月1-3月18日まで。期間中1日あたり5室以上客室を提供できる宿泊施設を募集し、1日200室を確保する。

募集エリアは墨田区、江東区、目黒区、大田区、世田谷区、中野区、杉並区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区と多摩地区。客室に無料WiFiやデスクなどテレワーク向きの設備があることや、6日間連続のテレワーク宿泊プランを1日1室1万円以内で設定できることが応募の条件。

利用者に1日あたり2000円で提供し、設定プランとの差額は東京都が負担する。

東京都ではこれまでも日帰り利用のテレワーク客室を廉価で提供してきた。宿泊型にすることで公共交通機関等の利用をさらに減らし感染拡大の防止を図る狙いがある。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ