楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本人宿泊者数は41万8489人泊で回復傾向 京都市の3月のホテル宿泊状況

22/05/03

京都市観光協会が発表した3月の市内109ホテルの宿泊状況によると、日本人延べ宿泊者数は前年同月比55・7%増の41万8489人泊だった。2019年同月比では31・5%増で、前月2月からは73・5%増。コロナ禍以前からの調査対象だった53施設で比較すると前年同月比では53・4%増、19年同月比では15・0%減だった。

外国人延べ宿泊客数は19年同月比では99・1%減と、ほぼゼロの状態となって2年が経ってしまった。

客室稼働率は同13・7ポイント増の45・0%。19年同月比では40・0ポイント減。前月2月からは12・9ポイント増となった。3月下旬の桜の開花もあり、回復傾向にある。

市内の主要旅館30軒の客室稼働率は同10・0ポイント増の27・9%。前月2月からは13・0ポイント増加した。

同協会では、4月の客室稼働率は30・4%、5月は50・0%、6月は36・5%と予測。不透明さは依然として続くが、府民割や感染の落ち着きなどから上昇する可能性も見込んでいる。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ