楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

国内旅行は10月から、海外旅行は来年以降を希望 ビッグローブ、ワクチン接種後の生活調査結果第2弾

ビッグローブは6月15日、新型コロナウイルスワクチン接種後の生活に関する調査結果の第2弾を発表した。接種後の旅行再開時期は国内旅行が10月トップ、海外旅行は2023年以降が最多に。このまま感染拡大が再拡大しなければの条件付きだが、秋にはある程度の国内観光需要の回復が見込まれる結果になった。

「ワクチン接種後の買い物やレジャー消費への意欲」は「強まる」15・6%、「やや強まる」70・1%をあわせて9割弱が意欲の高まりを示した。ここまで抑圧されたレジャーへの思いを考えると、接種が広まった後の需要の高まりは当然のことか。

「ワクチン接種後にしたいこと」の1位は「国内旅行」が51・4%でトップ。「外食」43・8%とのトップ2が大きくほかの項目を引き離している。ただ、「海外旅行」は20・8%で7位にとどまる。

業界として特に気になる「行きたい時期」。国内旅行は44・6%が今年中、月別にみるとトップは「10月」の13・6%だった。次いで来年春ごろに需要の高まりがうかがえる結果になった。依然として様子見ムードが漂うが、国内旅行に関しては緩やかな回復が期待できそうだ。

一方、海外旅行は「23年以降」が20・7%で最多。「来年3月ごろ」10・1%で続くが、まだまだ厳しい状況が続くことが見込まれる。

ビッグローブ調査

「Go Toキャンペーンが再開したら利用するか」は「利用したい」「やや利用したい」あわせて66・9%が積極的。感染状況を見ながらの効果的な施策展開が望まれる。

また、「ワクチン接種後もテレワークをしたいと思うか」は「そう思う」が34・5%、「ややそう思う」が34・9%。7割が継続を望み、賛否両論あったテレワークも徐々に定着してきたようだ。

調査は全国の20−60代の男女1千人を対象に、5月26−27日にインターネットで行った。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ