楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

万博やSDGsの対応、融資制度の調査研究も 和歌山県旅館組合

23/08/29

和歌山県旅館ホテル生活衛生同業組合(利光伸彦理事長=大阪屋ひいなの湯)はこのほど、和歌山市のホテルアパローム紀の国で2023年度総会を開いた。

利光理事長はあいさつで「宿泊業は地域経済の核になる産業です。その役目を担っていくためには、県内外はもとより、海外にも和歌山県の素晴らしさを発信していかなくてはなりません。一致団結して取り組んでいきましょう」と呼びかけた。

和歌山県旅館組合

海外にも和歌山県の素晴らしさを
発信していこうと話す利光理事長

今年度事業は、和歌山県への宿泊促進事業としてインバウンド誘致や大阪・関西万博、SDGs対策などに取り組む。また、融資制度においては観光立国推進のためのインバウンド対応に関する融資制度の調査研究なども手掛けていくことを決めた。

IT広報戦略委員会は「観光産業の未来を担う仲間づくり」をテーマに・SNSやオンライン会議を活用したコミュニティの強化・親会の委員会とも連携した講習会および勉強会の実施・部員への補助金をはじめとした有益な情報発信と共有を行う。

WOK委員会は・第3回わかやま12湯サミットin南紀白浜温泉の開催・読売旅行による観光庁の公募案件の連携インバウンド和歌山の温泉をからめた観光素材の掘り起こしや魅力の再発見などに取り組む…

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ