楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

温泉旅館「吾汝ATONA」 ハイアットが新ブランド、屋久島・由布院・箱根に展開

24/06/20

ハイアット(米国・シカゴ)は5月27日、初の温泉旅館ブランド「吾汝 ATONA」(アトナ)を2026年以降に屋久島(鹿児島県)、由布市(大分県)、箱根町(神奈川県)の3カ所に開業すると発表した。

古民家を再生したホテルづくりなどを手掛けるKiraku(京都市東山区)との合弁事業として開発する。

吾汝ブランドの開発に特化した100億円規模の不動産ファンド「アトナ・インパクト・ファンド」を立ち上げ、最終的には200億円規模を目指す。

吾汝は「あなたとわたし」の意味。国内外の旅慣れた旅行者をターゲットにしたスモールラグジュアリーホテルで、温泉旅館への滞在を通じて世界の旅行者に日本の地域の自然や文化、食やアクティビティなどを提供する。

客室は広さ50―70平方メートルで、30―50室程度、室単価は10万円程度を予定している。

ハイアット・アジアパシフィックグループプレジデントのデービッド・ユデル氏は「ハイアットは世界の大手ホテルグループの中では一番小さいグループ。だからカスタムメイドに挑戦でき、これまでもホテルの新たなスタンダードをつくってきた。吾汝でハイアットならではの温泉旅館に挑戦したい」と話した。

ハイアットが新ブランド

ハイアット初の温泉旅館ブランドを発表

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ