楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

鳥取西道開通「西いなば」へ 鳥取県

19/07/28

鳥取西道路が開通し「西いなば」のPRに、鳥取県元気づくり総本部の岩成哲彦さん、鳥取市西商工会の中井哲也さん、とっとり観光親善大使の佐伯諒子さん、鳥取県関西本部の谷垣重至さん、西尾佳子さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れた。

鳥取西道路は、鳥取自動車道・鳥取インターから山陰自動車道・青谷インターを結ぶ17・5キロ。5月12日に全線開通した。通行料が無料の自動車専用道路。8月末まで沿線地域の特産品が当たる「とっとり・西いなば宿泊キャンペーン」を実施している。

岩城さんは「鳥取市から米子市まで約15分短縮し95分に。関西から多くのお客様に『鳥取・西いなば』はもちろん県内を周遊していただくことを期待しています」。

西いなばでは、青谷インターに近い夏泊漁港で定置網朝市を開催している。「2時間前まで海で泳いでいた新鮮な魚を販売しています。季節ごとに違った旬な魚をお楽しみください」と佐伯さん。朝市は、毎週金曜日と第1月曜日を除き毎日開催している。

鳥取市と言えば、鳥取砂丘。「砂の美術館」は今年で第12期を迎えた。中井さんは「来年1月5日まで南アジア編を開催中です。多様な文化と信仰が息づく南アジアの様子を砂像で表現していますので、ぜひご覧になってください」。

鳥取県の皆さん

鳥取県の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ