楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

復興へ全力、今夏全館で営業再開 熊本県・人吉温泉女将会「さくら会」

22/01/06

熊本県の人吉温泉女将会「さくら会」の女将ら5人が来社。2020年7月の豪雨災害で、さくら会メンバーの旅館ホテルは壊滅的な被害を受けたものの、女将らは自施設の復旧作業はもちろん、地域の観光業を守るために活動、以来「人吉は頑張っています」とアピールを続けている。

さくら会ではこれまで、オリジナル焼酎「ひとよし女将桜」を地元酒造会社と商品化し、焼酎を購入することで人吉球磨の観光を支援するクラウドファンディング(CF)を実施。目標金額を達成し、その中から支援金を得て復興に充てるなどの活動をしてきた。

この日は、被災時に女将自らが撮影した写真や被災状況をまとめた冊子「人吉温泉女将の会さくら会復興記念写真集」を元に、これまでの災害復興に「頑張ってきた」経緯を説明。いまだ営業を再開できていない宿はあるものの22年夏過ぎには全旅館がリニューアルオープンする予定だ。その時には「関西からの送客に期待しています」と、5人は声をそろえた。

さくら会の有村政代会長(清流山水花あゆの里)は、関西とのつながりの深さを強調した。「女将にとって着物は仕事着です。その着物を豪雨ですべて失ったのですが、災害直後に大阪で料亭を営まれている女将さんから『ぜひ使ってください』と着物と帯が送られてきました。みんなで感激しながら着物と帯を選び合いました」。

また、制作した冊子については「被災からしばらくは自分の施設の復旧作業に追われ、さくら会として会員の被災状況を細かく取りまとめることはできませんでした。写真集を作ることで、それぞれが持ち寄った写真を見て、改めてお互いの被害の大きさを実感したところです」「この写真集によって水害の経験を形に残すとともに、被災を乗り越え奮闘するさくら会や、人吉球磨のことをより多くの方に知っていただければと思っています。私たちを応援してくださった皆さまにお礼としてお届けし、感謝の気持ちをお伝えしたいですね」と有村会長。

災害前から人吉温泉は関西の旅行会社からの送客が多かった。関西からのアクセスについては「九州新幹線で新八代駅までお越しいただき、新八代駅で宮崎行きの高速バス『高速B&Sみやざき』に乗り換えます。バスは人吉インターに停車します。新大阪からですと人吉インターまで4時間半。お勧めのルートです」と紹介した。

さくら会は人吉市の温泉旅館の女将で1994年(平成6年)に結成。温泉旅館のPRや人吉球磨全体の観光を盛り上げる活動を行ってきた。現在の会員数は女将11人、若女将4人の15人。今回訪れた女将は有村会長のほか、田口妙子さん(旅館吉野)、富田峰子さん(鍋屋本館)、村田優子さん(ホテルサン人吉)、松田淳子さん(町家旅館一富士)の5人。

人吉温泉女将会さくら会

人吉温泉女将会「さくら会の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ