楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大阪で世界評価の施設

18/01/25

情報を扱う仕事をしていながら、大阪に世界が評価する施設が3つもあることを、つい最近知った。大阪市北区の「梅田スカイビル」はイギリスのタイムズ紙が行った「世界の建物トップ20」に日本で唯一選ばれている。インドのタージマハルやイタリアのコロッセオと同格ということで、16年には欧米、韓国、台湾、中国の外国人観光客を中心に120万人が訪れた。

アメリカのメディアCNNが選んだ「世界一美しい時計台トップ12」には、JR大阪駅の大阪ステーションシティにある「水の時計」がランクイン。流れ落ちる水で時刻を知らせるほか、10カ国語で「ようこそ」の表記や季節ごとの絵柄を投影することが評価され、ユーチューブで再生回数400万回を突破している。

同じCNNで大阪・ミナミの「なんばパークス」が「世界で最も美しい空中庭園トップ10」として認定され、多くの外国人観光客が訪れる。

瀬戸内海の多島美や山岳観光のすばらしさを欧米人に教えてもらった日本人は今、世界が評価する観光素材を自己評価する時を迎えている。国内の観光地でもそうだが、地域の人たちが何とも思っていない素材が“よそもん”からすれば、とてつもなく魅力的なものであったりするものだ。観光素材も世界基準になってきた―。

(トラベルニュースat 18年1月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ