楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新法施行後の「民泊」 全旅連・百戦錬磨対談後編(1) 地方観光開国のチャンス

民泊新法(住宅宿泊事業法)施行後の民泊の状況について話していただいた、百戦錬磨の上山康博社長と全旅連住宅宿泊事業法対策委員長の桑田雅之さんの対談第2弾。2人の話はインバウンドを地方に誘致する方策についても及んだ。

人を集める武器に

上山 世界で海外旅行する人の半分が欧米豪の人たちです。にもかかわらず日本には10%未満しか来ていないので、日本は本気になって欧米豪の人たちを誘致しようとしています。

欧米豪の人たちは都会だけでなく田舎にも行きます。遠いところから来るため必然的に長期滞在になるので、地域の文化や人との交流を味わってもらって、リピートするというような流れを地方はつくるべきです。

今が本当に地方の観光開国のチャンス。都心部は開国しましたが、地方は開国されているところはあるものの、いまだにまだ開かれていない地域も多い。このタイミングを活かして、ぜひ一緒にインバウンドを活用した地域活性化について考えられればと思います。

今の旅館ホテルの方々の中でも長期滞在に適したサービスが十分ではないと悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。民泊・農泊を活用するため、きちんと届け出をして旅館ホテルの方々が住宅宿泊事業管理業者になれば、地域の空き家問題の解決にもつながります。朽ちていきつつある別荘やペンションは活用できると思います。沖縄のシャッター商店街で宿泊できるシャッターホテルという切り口で提案したら、結構人が来るようになり、店も増えてきたという例もあります。

旅館ホテルで接客やフロントの求人を募集しても集まりにくいと聞いています。ところが海外の人との交流とか、地域の何々のお手伝いといった募集内容に変えた瞬間に100人ぐらい集まります。何カ国語はペラペラでMBAを取っていたりする外国人が応募してきます。そういう人は日本人より日本が好きで、日本人より日本の魅力をわかっています。ましてや日本に来て日本に住んで働いている外国人は特別な思いを日本に持っている人です。こういう人はものすごいエネルギーを持っていて、日本の観光のインバウンドを支える人たちだと思います。

(次の記事)新法施行後の「民泊」 全旅連・百戦錬磨対談後編(2) 旅館に明るい未来を

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

旅で四国を元気に!愛媛編

四国特集のラストを飾るのは愛媛県。瀬戸内海の風光明媚な風景と古湯の風情、温暖な気候と歴史が相ま...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ