楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

中小旅行会社の存在感示す OATA新三役、現状と今後を語る(2) 1万人集中送客が実現

熱意が産んだ成功

−これまでOATAは組合のスケールメリットを生かした集中送客ができないことが課題だったと聞いてきました。HOKでの集中送客はOATAにとっても画期的なことではないでしょうか。

鈴木 1万人を超えた集中送客はOATAの歴史の中でなかったことだと思います。内容が通常プランより安価ということもありますが、京旅協の経験豊かな方々のノウハウが詰め込まれた魅力あるパンフレットづくりなど、京旅協の方々に感謝しています。

3つの組合で作っている商品であることもアピールポイントのひとつで、お客様に「まる得プラン」のパンフレットを持っていくと京都、兵庫、大阪の3組合が共同で作っている商品だということで信頼性が上がり、使っていただけるケースが多いのです。

OATAでは毎月1回支部会を開催していますが「まる得プラン」に参画している施設を優先的に呼び、直接組合員に商品の内容を具体的に説明してもらっている効果もあるようにも思います。宿泊29施設、昼食10施設と、参加できる施設数が決まっているのも特色となり、売りやすい商品内容につながっているようにも感じます。

鈴木隆利副理事長

鈴木隆利副理事長

−「まる得プラン」はどれくらいの組合員が販売しているのですか。

徳原 組合員の約半分、50社以上は使っていると思います。これまでは15社から20社が参画すると成功と言われてきましたが、半分以上の組合員が利用しているというのはOATAの歴史の中でも画期的なことです。

清水 「まる得プラン」は当時事業部長だった鈴木さんの気合の入り方が今日の結果を生んでいると思います。鈴木さんが言われたように、支部会で受入施設を呼んで具体的な内容を発表してもらい、いかにお得な商品であるかを伝えるなど、組合員のモチベーションを上げるための工夫も功を奏したと確信しています。人の熱量で事業が成功するのだと鈴木さんを見て感じました。

清水康市専務理事

清水康市専務理事

(次の記事)中小旅行会社の存在感示す OATA新三役、現状と今後を語る(3) 組合ファーストで努める
(前の記事)中小旅行会社の存在感示す OATA新三役、現状と今後を語る(1) HOK連絡会が転機に

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ