楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】JTB協定旅館ホテル連盟 西日本支部連合会会長 宮﨑光彦 氏

「あとから来る者のために 田畑を耕し 種を用意しておくのだ 山を川を海を きれいにしておくのだ
 ああ あとから来る者のために 苦労をし 我慢をし みなそれぞれの力を傾けるのだ
 あとからあとから続いてくる あの可愛い者たちのために みなそれぞれ 自分にできる なにかをしてゆくのだ」

新春を寿ぎ謹んでお慶びを申しあげます。

冒頭の文は、愛媛県に記念館がある詩人 坂村真民さんの詩です。

コロナ禍で観光産業は大打撃を受け、物価高、資源高、第8波の懸念、そして労働力不足など問題は山積ですが、光は確実に見えています。全国旅行支援割の効果もあり、直近10―12月では2019年を上回る業績を上げる観光地が増えました。

この3年間を通して分かったことは、人々の心を癒し、人生を豊かにし、地域の雇用や経済、暮らしを支えるのは「旅」だということです。

今を生き抜くとともに、将来を担う子や孫たち、すべての従業員のために何を残せ、何を繋げることができるのか、宿泊観光産業にとってまさに正念場と言えます。

そのため、価値観の変化が観光に投影した事柄、つまりウェルネスを求める旅、「過ごす」ことの価値、余暇と労働に対する価値観の変化などへの的確な対応が求められます。

「交流を止めない!」というJTB山北社長の昨年9月の強いメッセージに共感し、今年のJTB旅ホ連西日本支部連合会のテーマは「あとから来る者のために」持続可能な仕組みづくりを進めることです。

昨年に続き、宿泊増売を最重点目標に掲げ「商品力×販売力」強化を各委員会・部会が主体となって愚直に実行することにより、定率会費の拡大再生産を実現し、会員企業の存続と支部活動の充実や地域経済活性化への好循環を生み出していきます。

具体的には、お客様のニーズやライフスタイルの変化に柔軟に対応し、マーケットに訴求できるよう旅館ホテル自体の商品力強化に努め「価格価値向上」が伴う単価アップにも、旅ホ連の充実した各種セミナーや宿泊増売会議を通じて取り組みます。

加えて、JTBの「法個仕連携、発着連携によるお客さま実感価値の向上策に連動し、地域を挙げたホスピタリティマネジメントを推進し、地域自らが来訪者を創造する新しい観光まちづくりに挑戦。

業界の将来のためにも、会員施設のパワーアップはもとより、着地の自治体やJTB47DMC支店と連携し、地域交流イベントや誘客プロモーション、ATはじめ地域に根差した旅行商品を提供することにより、旅行需要の回復を目指します。

そして、ヒューマンとデジタルの融合がさらに重要となるなか、若手社員を中心に地元支店と旅ホ連会員との連携強化、客室操配実務担当者とのワークショップの開催、情報共有体制の再構築にも努めていきます。

「不幸は待たなくてもやってくるが、幸福は待つだけでは来ない」という言葉があるように、まさに変革のチャンスととらえ、今年こそ、自ら飛躍の年にしたいものです。

年頭所感

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ