楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

スケールメリットで共同事業 「HOK連絡会」兵庫、大阪、京都3旅行業組合で座談会(3)

受入にもメリット生じる 組合間で横軸の交流深化

−受入施設に望むことはありますか。

西村 大手旅行会社の商品力が落ちている中で、受入施設から魅力ある商品の提供はありがたい。我々中小旅行会社にとって商品力は重要な要素です。

西村和哉さん

西村 和哉 さん
兵旅協専務理事
(ドリーム観光サービス)

門田 そうですね、大手に負けない商品の提供は大事なことで、我々にとっての大きな武器になります。

西村 京りょまる得ユニットプランはありがたい商品ではあるのですが、どこまでがユニットプランの対象になるのか曖昧なところがあり、応用編みたいなものがあれば、さらに使いやすくなると思います。

笠舞 まる得ユニットプランに掲載されたからといって安心し、仕事をこなすという姿勢ではなく、一度掲載されたら次もまた掲載してもらえる対応をしていこうという前向きな姿勢であってほしいと思います。

笠舞紀伴さん

笠舞 紀伴 さん
OATA事業部長
(照南トラベルサービス)

森野 同感です。一度掲載されたらなんとしてでも踏ん張って掲載を続けるんだという思いで取り組んでいただくことは大事ですね。例え8人のお客様でもクレームがなく満足して帰っていただこうとする姿勢はお願いしたい。

鈴木 これまでOATAはお買い物ツアーや特選プランなどいろいろなことをやってきましたが、1万人超えをしたのは京りょまる得ユニットプランしかありません。OATAにとっては歴史に残る重要な出来事です。15年前にお買い物ツアーをやりましたが、1千人ぐらいでした。それもほとんど買い取りでした。まる得ユニットプランは最初の年に1千人、2年目で6千人、3年目で1万人を超えました。

大きな実績を残せましたし、これからもさらに伸ばしてはいきますが、HOKはまる得ユニットプランをやるために作った組織ではありません。3組合の182社の組合員の少しでもプラスになるようなことを前向きに取り組んでいきたいと思います。

笠舞 2018年の合同役員会では各組合の理事にも参加いただき、ディスカッションを行い、横の交流を行いました。これからも横軸の話し合いも大事だと思いますので、そういった取り組みは今後続けていきたいですね。

(前の記事)スケールメリットで共同事業 「HOK連絡会」兵庫、大阪、京都3旅行業組合で座談会(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ