楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ポストコロナの未来予想図 協同組合大阪府旅行業協会の新三役が語る(2) 西日本視野に案内所支援

コロナ禍で変わる会議のあり方

−ほかにも、コロナ禍で変わったことはありますか。

鈴木 支部会もコロナ禍で大きく変わりつつあります。各支部はOATA会議室でリアルな会議を開きますが、第2支部だけはリモート会議を率先して行っています。今後理事会や委員会もリモートでの開催が増えると思います。

笠舞 第2支部が率先して行っているので、改善点が見えてくるのは、今後の参考になるのでありがたい。たとえばリモートでつながってはいるのですが、ご本人が画面から外れて仕事をしていたりするわけですが、これでは支部会の意味がありません。そのほか資料はPDFでしか送れないとか、実際行っているからこそわかることが多いですね。

鈴木 京都や兵庫の旅行業協同組合と連携して行っている取り組みとしてHOK連絡会がありますが、遠方同士の情報交換がしやすくなると思います。

−OATAにとって創設以来深い関係にある、OATA連絡協議会の存在は大きいと思うのですが、連絡協議会に関してはいかがでしょうか。

鈴木 連絡協議会の中心である案内所の閉鎖があとを絶ちません。我々が立ち入れるところではありませんが、高知県などの行政との関わっている部分やHOK連絡会の取り組みを通して、案内所=連絡協議会との連携を図りたいとは思っています。

HOKは兵庫、大阪、京都ですが今後は九州、四国を入れて西日本という枠まで視野を広げて案内所を支援したいという考えも持っています。

OATA連絡協議会

OATA連絡協議会は事業の根幹と3者同様に話す
(写真は2018年撮影)

清水 最盛期、連絡協議会加盟施設は2千社ありました。時代とともに減少し、現在は1200社です。これが500社、300社となってくるとOATAの事業にも大きな影響が出てくるので、連絡協議会の皆さんとも話し合って、よりよい方向に進めるようにしていきたいと思います。

OATA清水康市副理事長

清水康市副理事長

(次の記事)ポストコロナの未来予想図 協同組合大阪府旅行業協会の新三役が語る(3) 組合員の困りごとに対応
(前の記事)ポストコロナの未来予想図 協同組合大阪府旅行業協会の新三役が語る(1) 組合員増強で100社維持

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ