楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

国内、海外ともに増加-堅調な一年に JTB18年旅行動向見通し、総旅行人数は1.8%増の3億2940万人(2)

国内旅行人数は同1.8%増の3億1120万人。平均消費額は民泊はじめ低料金の宿泊施設の登場やLCCの定着、アンケートでシニア層が旅行回数が減少傾向にあることなどから微減と予測し、まずまずの一年ながらも市場規模の大きな変動は見られなそうだ。

トピックとしては、明治維新から150年を迎え、大河ドラマ「西郷どん」も相まってゆかりの地が湧く。瀬戸大橋開通30周年の瀬戸内地方にも注目が集まるほか、「四季島」「瑞風」をはじめ観光列車の人気に今年も期待が高まる。

海外旅行人数は同1.7%増の1820万人で、12年に次ぐ過去2番目の多さに。回復傾向が本格化した勢いは続く見込みで、国際線座席数の増加も好影響を与えるとみる。

LCCの定着、国際線新規就航も市場への影響は大きく、方面別では今年もアジアなど近距離志向が強いとみられる。今年は韓国平昌五輪やサッカーW杯ロシア大会など大きなスポーツイベントの多さも特徴だ。

訪日旅行人数は同12.3%増で3200万人と予測。韓国はじめアジアの好調や欧州の富裕層向け対策の成果も見込まれる。新法の6月施行で民泊利用の伸びが予測されるほか、進むインフラ整備、「コト消費」への移行など目まぐるしく変わる市場ニーズのなかで、受け入れ先である各地域の対応が試される一年になるだろう。

(前の記事)国内、海外ともに増加-堅調な一年に JTB18年旅行動向見通し、総旅行人数は1.8%増の3億2940万人(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
北近畿冬のまんぷく紀行兵庫但馬編

新年一発目のトラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部、但馬地方をクローズアップ。前号に続く冬...

北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ