楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行業の近未来予想図 鹿児島県協会・組合が問う「2030年の旅行業」(1) 勉強会を開催

意欲的な取り組みに

鹿児島県旅行業協会と鹿児島県旅行業協同組合は1月31日、鹿児島市の鹿児島サンロイヤルホテルで「これからの旅行業のあり方」を問う勉強会を開いた。

勉強会は、同協会会長と組合理事長を兼務する中間幹夫さん、熊本県旅行業協同組合副理事長の赤司大介さん、高崎経済大学地域政策学准教授の井門隆夫さんによるパネルディスカッションに続き、会員旅行会社ら約50人の参加者がグループに分かれてワークショップを実施した。

ワークショップは「2030年の旅行業」をテーマに、パネルディスカッションで示された経営環境や市場予測などを基にして意見交換。グループごとに旅行業の近未来予想図を発表する意欲的な内容だった。

これからの旅行業 のあり方

ワークショップを行う
鹿児島県内の旅行会社の皆さん

(次の記事)旅行業の近未来予想図 鹿児島県協会・組合が問う「2030年の旅行業」(2) 人流を司る知的組織の設立を

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ