楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ウェルネステーマに新・訪日旅行ルート 大阪観光局、長野県と連携協定(2)

台風被害の大規模化懸念 植樹活動通じて貢献構想

阿部知事の代理として出席した太田寛副知事は「長野県の森林率は80%を占め、森林に囲まれた県だ。その中で毎年、志賀高原で歌舞伎役者の市川海老蔵さんが展開している植樹運動『いのちを守る森づくり“ABMORIプロジェクト”』は大きな行事として注目されている。長野県内での植樹・植林は、溝畑理事長が言うように地球温暖化を防ぐ取り組みとして貢献していきたい」と語った。

台風19号で観光面で直接的な被害はほとんどなかったが、被災した映像がテレビなどで流れることで風評被害を心配しているとも述べ「今回の締結をきっかけに大阪から多くの人に長野県へ来ていただきたい。来ていただくことが地域の復興につながる」と呼びかけた。

野原理事長は「先日の台風の被害は千年に一度だと言われるが、これからは毎年同じような台風が来るのではないかとの危機感を持っている。超大型の台風は地球の温暖化が原因だと思っている。森林率が高い長野県が中心となって植樹で日本の国を変えていく気構えで取り組んでいきたい」と話した。

協定書に署名したあと「ゆるキャラグランプリ2019」で1位になった長野県のPRキャラクター「アルクマ」も加わり写真撮影が行われた。

大阪観光局がジャパン・エクスペリエンスをテーマに地方自治体と連携協定を結ぶのは石川県加賀市に次いで2番目。

(前の記事)ウェルネステーマに新・訪日旅行ルート 大阪観光局、長野県と連携協定(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ