楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

オレンジの黄身で勝負 セラ・ルージュ、「こだわり」が人を引き寄せる(1)

料理の主役にも脇役にもなり、家庭でも欠かすことのできない食材「卵」。低廉な価格で安定し物価の優等生とも言われる卵だが、1個約100円という高価格にもかかわらず全国にファンを広げている卵がある。大阪市北区のセラ・ルージュが、26年前から販売している「こだわり家族のこだわり卵」だ。「思いつきで始めた」という創業者の西本津麻さん、社長の北川希美さん母娘に話を聞いた。

こだわり卵は、外見は大きさ、色とも普通の卵と変わらない。割ってみると、本来は黄色であるはずの黄身が鮮やかなオレンジ色。プリプリして盛り上がり、見ただけで黄身がしっかりしていることがわかる。

「思いつきで創業したのですが、まずは見た目で差別化しなければならないと一番こだわったのがオレンジ色の黄身だったんです」。それまで毛皮や宝石を取り扱っていた西本さん。銀行に掛け合ってみると「おもろいから、やってみ」と背中を押され、飼料メーカーの担当者にオレンジ色の黄身の卵を産む養鶏場を紹介してもらった。

見た目にもこだわったオレンジ色だが、実は栄養価も普通の卵に比べ格段にいい。ボリスブラウンというアメリカ原種の鶏を広島県など環境豊かな養鶏場で徹底した衛生管理のもと飼育。パプリカや天然イワシの魚粉など特別に配合したエサと、地下水をろ過した水を与えている。産卵時期も通常より遅らせ、生後200―400日のイキのいい親鶏にこだわった。

その結果、一般卵に比べビタミンEが30倍、ビタミンDが3倍という完全栄養食品とされる卵のさらに上をいく「こだわり卵」が誕生した。

その後、西本さん、北川さん母娘の人を引き寄せる力でファンを開拓。これまでのツテやお母さんつながりで家庭向け定期購入からジワジワと広げ、馴染みの飲食店などには「一度食べてみて」と業務用も拡大していった。「黄身がしっかりしているから、茶碗蒸しがババロワになる。調理人泣かせと言われました」。

北川社長

希美と書いて「きみ」と読む。
「卵屋さんになるべくしてなった名前でしょ」
と笑う北川社長

(次の記事)オレンジの黄身で勝負 セラ・ルージュ、「こだわり」が人を引き寄せる(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ