楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】名鉄観光サービス株式会社 代表取締役社長 大西哲郎 氏

謹んで新春のお慶びを申しあげます。

昨年は、新型コロナウイルス感染症の世界的な大流行により観光産業界は未曾有の危機に直面した一年となりました。多くの国で感染の抑制を目的とした渡航制限や外出制限などが実施されるなど国内外で人や物の交流が制限され、その結果、世界経済は急速に減速しました。旅行やイベントの実施も制限される中、政府のGo toキャンペーンも経済回復と感染拡大防止の難しい舵取りを迫られ、一進一退の状況が続いています。当社も過去に経験のない急激な業績の悪化に陥り、当分の間は我慢の経営を強いられることを覚悟しなければなりません。

本年はこのような厳しい経営環境の中でも未来志向でさらに発展に導くため、全従業員の強い結束力と固い決意をもって総力を挙げて構造改革に取り組んでまいります。

当社は、新たな3カ年の中期経営計画がスタートします。旅行業を取り巻く環境が大きく変化する中、経営資源の「選択」と「集中」および生産性の向上を図ることにより、各分野の収益力を強化します。団体旅行においてはデジタル技術を活用して新しい営業スタイルの実践を行うとともに、多様な働き方ができる環境の整備を進めます。個人旅行においては商品開発や販売体制を見直し、お客様のニーズをしっかりつかみ、付加価値の高い商品の造成力をさらに磨き上げます。

コロナウイルス禍において、「旅行業は世界の人々に心の豊かさを提供し、人々の交流を通じて互いの絆を深め合える大切な役割を果たしていること」を改めて認識しました。この大切な役割を今後も担うため、危機的状況から突破口を切り開き、勇気をもって一歩前に進む行動を続けてまいります。

お客様に対する安心・安全に向けては、ニューノーマル時代に適合する旅行を提供するため、旅行の企画・手配から実施にいたるあらゆる段階でのチェック体制を強化します。また、緊急時の対応能力のさらなる向上にも力を注ぐほか、コンプライアンスの徹底にも引き続き努力してまいります。

本年も皆様の益々のご健勝をお祈り申しあげますとともに倍旧のご指導お力添えを賜りますようお願い申しあげます。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ