楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【観光業界リーダー年頭所感】一般社団法人全旅協大阪府旅行業協会 会長 吉村実 氏

謹んで令和3年のごあいさつを申しあげます。

新年を迎えて皆様にはそれぞれ複雑な思いを持ってお過ごしのこととお察しいたします。コロナ禍において四苦八苦して躊躇している状況かと思いますが、令和3年はスタートしています。

当初もたついていたGo Toトラベルキャンペーンも当協会が事務局として参画した結果、大手独占状態からわずかではありますがほとんどの会員が申請し、利用できたことは光明となったことかと思います。とにかくできることはすべて実行し活性することが大事ではないかと思いますので、昨年できなかったことを最優先で確実に実行していきたいと祈念しております。

旧年中はコロナ禍の制限のある中、細心の注意を払い、当協会主催の「第15回国内観光活性化フォーラムinくまもと」の開催や、安心、安全な貸切バス旅行を体験していただくためのツアーを近畿運輸局や大阪バス協会のご協力で実施したところ、テレビ、大手新聞社に採り上げられ、安心、安全をアピールできたことは幸いでした。

自粛モードの制限で実施が危ぶまれていた国内旅行業務取扱管理者試験運営では2918名の受験生を大阪会場2カ所で無事、実施することができました。定期研修も大阪では2回実施し、その他法定事業活動に多方面より多大なご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございました。

安全、安心のもと、当協会会員が一丸となって観光業界を支えていくことを目標にし、不透明な状況でありますが、前を向いて今こそ一人の百歩よりも百人の一歩が国難を乗り越えるものと信じて新年のごあいさつとさせていただきます。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ