楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ホテル空間に日常を取り戻す シティホテルサンプラザ(大阪府堺市)(2) 超抗ウイルス効果を無害で

この銅イオン水を空中に噴霧するのが、噴霧ノズルの大手メーカーいけうち(大阪市西区)の「潤霧(うるむ)」。介護福祉施設や病院、オフィスなど向けに開発された大型の加湿器で、約100畳(150平方メートル)の空間を一定の湿度に保つ機器だ。大型加湿器の多くはコンプレッサーによって噴霧するが、潤霧はポンプ式で静粛性が高いことも特徴。

シティホテルサンプラザではコンベンションホールに潤霧を設置。コロナバスターミニで生成した銅イオン水を噴霧、空中に飛散した銅イオンが空間に漂う細菌とウイルスに付着し不活化させる効果を生かした。一度噴霧すると24時間持続するが、ホテルでは客に安心感を与えるため、来場時に感染対策として“見える化”させた。

潤霧

銅イオン水を噴霧する大型加湿器「潤霧」

同ホテルの辻内宏治代表取締役は、感染対策として銅イオン水を導入した理由をこう話す。「全室アルコール除菌を徹底していきましたが、アルコールの匂いを気にするお客様もいますし、何より清掃などにあたるスタッフの手荒れがひどい。水に近くて殺菌効果が高い銅イオン水は、お客様にもスタッフにもやさしい対策だと思います」。

シティホテルサンプラザ辻内社長

辻内社長

また、いけうちノズル事業部の許珮甄(キョ・ハイシン)さんが「銅イオン水はスケールの発生を防ぐので、他の薬剤のように加湿器のノズルが根づまりすることもありません」と、潤霧との相性の良さを話す。

最後に、辻内社長は「私たちの業界に非日常の対策はあり得ません。語弊を恐れずに言うと、やはりマスク会食は不自然です。コロナ対策をいかに日常化できるかがポイント。無味無臭、除菌された空間をつくることは日常に戻ること。銅イオン水ユニットの導入は、そこが最大の理由なのです」と、言葉に力を込めた。

(前の記事)ホテル空間に日常を取り戻す シティホテルサンプラザ(大阪府堺市)(1) 銅イオン水で感染・クラスター対策

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ